お金の使い方を見直す

近年、いろんなところからお金を借りたり、必要のない高価なものを買ったりしたことによって自己破産をされる方が多くなっているようです。

負債が超過する前に何らかの対策、お金の使い方を見直すなどのことがどうしてできなかったのかを考えていただきたいと思うのです。

お金の使い方を見直すことは普段、どういったものにお金を使っているか、家計簿アプリなどを利用すれば、簡単に把握することができます。

家計簿アプリでは、多くの場合、レシートをカメラに撮影するだけで文字を読み取ってくれますので、その文字データから金額、商品の内容を読み取り、家計簿のデータとして保存されるようになっていて、支出の限度額を設定する機能があれば、使い過ぎなどの警告を鳴らしてくれるようなものです。

お金の使い方もそうですが、自己破産の要因として、必要のないものをローンで購入させられたから、というものもあります。
なかなか断ることのできない性格の方は特に注意をしていただきたいと思います。

もちろん、断ることができるのであれば、それはそれで問題はないわけですが、断れないとしたら、クーリングオフを行ってください。

ただ、クーリングオフを認めてもらえないとなった場合のことを考えて、はがきをコピーするなどして、クーリングオフの通知をした証拠は残しておいてください。

証拠があれば、訴訟ができることもありますので、泣き寝入りして、自己破産することのないような対策を常に考えておきましょう。

また、自己破産をするからといって、すぐに返済義務がなくなると勘違いしている方がいらっしゃいますが、それは必ずしもそうはならないことを認識しておきましょう。

そして、何よりもその後は一定期間信用情報として公開されますので、いろんな制約を受けることを理解しておきましょう。

自己破産については、何度もそういうことがあってはなりませんので、自身の性格や行動を分析して、自分なりの節約術を身につけてください。

このページの先頭へ